【成果報告】HPVワクチン接種率を上げるには? 1%未満から7%近くまで上げた富山県の工夫 | 富山県議会議員 種部恭子- Kyoko Tanebe WebSite

【成果報告】HPVワクチン接種率を上げるには? 1%未満から7%近くまで上げた富山県の工夫 | 富山県議会議員 種部恭子- Kyoko Tanebe WebSite

【成果報告】HPVワクチン接種率を上げるには? 1%未満から7%近くまで上げた富山県の工夫

自民党の「HPVワクチンの積極的勧奨再開を目指す議員連盟」(細田博之会長)からお声がけをいただき、富山県における「接種率を上げるための取り組み」について、お話させていただきました。
BuzzFeed Newsに、記事が掲載されました。

HPVワクチン接種率を上げるには? 1%未満から7%近くまで上げた富山県の工夫

実質中止状態が続いているHPVワクチン。命を守るために必要だと、地道な努力で接種率を上げてきた富山県の工夫とは? 産婦人科医で富山県議会議員の種部恭子さんが講演しました。

記事は、こちらからご覧になれます。

富山市、今年の接種率は2割を超えそうです。
富山県医師会、県内の各郡市医師会の先生方、熱心に働きかけてくださっている小児科の先生方、市町村長さんたち、保健所や厚生センターの担当者の方々、そして会派の県議・市議の皆さまに、それぞれのお立場でお力をお貸し頂いた結果です。

守れる命を守るための行動に、心から感謝申し上げます。
この戦い、子宮頸がんがゼロになるまで続けます!
地方の取り組みが国を動かす推進力となることを期待します。

県政報告・活動報告

アーカイブ

県政通信We(ウィー)

県政通信We(ウィー)の送付をご希望の方は「種部恭子とあしたを紡ぐ会(後援会)にご入会いただくようお願いいたします。
(会費無料、詳細はこちら