自民党「性的マイノリティに関する特命委員会」にて話させていただきました | 富山県議会議員 種部恭子- Kyoko Tanebe WebSite

自民党「性的マイノリティに関する特命委員会」にて話させていただきました | 富山県議会議員 種部恭子- Kyoko Tanebe WebSite

自民党「性的マイノリティに関する特命委員会」にて話させていただきました

党本部へ。
自民党「性的マイノリティに関する特命委員会」。

たかがい恵美子委員長にお声かけ頂き、診療の現場で何が起こっているのか、山積みの課題について存分に話させて頂きました。

性同一性障害がICD11で脱病理化の方向に向かい「性別不合」になりましたが、脱医療化したわけではないと思うのです。

加えて周囲の理解がなければ、治療すればするほど当事者は追い詰められます。
まずは投票所の入場券の性別記載の削除など、すぐにできることからお取り組みをお願いしたいです。

県政報告・活動報告

アーカイブ

県政通信We(ウィー)

県政通信We(ウィー)の送付をご希望の方は「種部恭子とあしたを紡ぐ会(後援会)にご入会いただくようお願いいたします。
(会費無料、詳細はこちら